ドライブレコーダーで事故の過失割合が決まった

Q、ドライブレコーダーは必ず積んでおいた方が良いものなのでしょうか?

僕は若い頃から車が好きでスポーツカーなどを選んで、これまでにも乗ってきました。
つい先日のことですが、友人が交通事故に遭ってしまい、友人は被害者となりましたが最初は加害者がとてもすごい勢いで自分の意見を主張してきたため、被害者である友人は危うくその勢いに押されてしまいそうだったと言っていました。
しかし友人の車にはドライブレコーダーがついたため、このドライブレコーダーの映像が証拠となり結果的には加害者の方が悪いということで、友人は被害者としての扱いになったそうです。

このこともあるので、万が一に備えて、僕もドライブレコーダーを積んでおいた方が良いと言われたのですが、事故が起きた時には必ずドライブレコーダーというのは確認されるものなのでしょうか?
また、お互いの主張が食い違ってしまったときのためにもやはり設置しておいた方が良いものですか?
近年では、ドライブレコーダーも比較的リーズナブルになっているので購入することが出来るのですが、ドライブレコーダーを積むと、なんとなくビジュアル的に僕の好みではなくなってしまうので悩んでいます。

A、事故の際には大きな物的証拠となってくれます。

ドライブレコーダーは多くの方の場合には、自分の好みなどで設置しているようですが、公共の乗り物の場合には現在ほとんどが設置している状況となっています。
バスをはじめとしてタクシーなどでもドライブレコーダーを積んでおくことで事故が起きてしまった際はもちろん、公共の乗り物の場合にはそのほかにも事件に巻き込まれてしまう可能性があるため、こういった部分でも証拠として提出することができます。
交通事故という部分で考えてもやはり警察への物的証拠となってくれますので、ご友人と同じく加害者と被害者の言い分が食い違ってしまったなどというときには助けてくれるでしょう。

もちろん反対に自分自身が加害者になってしまった際にも証拠が残りますから、都合の良いの言い訳というのは通らなくなりますが、このような部分についてもやはり加害者となってしまった場合には被害者の方に対しての責任を負わなくてはなりませんから、下手に言い逃れをしたり、責任逃れをすることがなく、ドライバーとしての責任問題についてしっかり考えることができます。
また、ご友人と同じように加害者の方が自分は悪くないなどといった主張してきても、ドライブレコーダーがあれば双方でどのような運転をしていて事故に発展してしまったのかを即座に確認する事ができますから、助けられると言う人も多いのではないでしょうか。

ドライブレコーダーがなかった場合には過失を決める際に双方の言い分が食い違ったり最終的に決まった過失割合に納得がいかず、弁護士に相談するため、弁護士費用が必要になるといった場合も、ドライブレコーダー等が証拠として残っていればこうした部分を考えず堂々と警察に確認してもらうこともできるでしょう。
非常に大きな規模の事故となってしまい、ドライブレコーダーの映像そのものを後で確認できなくなったというケースは証拠として提出することができませんが、それだけの衝撃だったということは、やはり一方の車がよほどのスピード違反をしていたりする可能性が考えられるので、このような部分からも警察が冷静に事故の状況などを考えてくれるといえます。

経済的にも多少なりの余裕があり、さほど苦痛に感じなければビジュアル的な問題とは別に設置した方が良いと言えます。
近年では車内のルームミラーの部分に設置することのできるドライブレコーダーなども販売されているので、このようなものであればビジュアル的にも大きな支障をきたすことはないでしょう。”