事故の被害者なのに充分な治療が受けられない

Q、交通事故の被害者は保険会社から提示されるままに治療するしかないのでしょうか?

1ヶ月ほど前に交通事故の被害者となったものです。
今現在通院をしているのですが確認されている症状がむち打ちのために、あと1ヶ月ほど通院したら症状固定となりますと保険会社から言われました。
しかし私の中ではむち打ち症として首周辺の症状だけではなく、最近は腰にも痛みなどが出るようになり、夜眠っているときにも激痛が走って目が覚めてしまうようなこともあります。
事故に遭う前はこのような症状は一切なかったので、事故にあって、何か影響が出ているのではないかと思うのですが、保険会社の方にこれを話してみたところ事故から少し時間が経っているので完全に事故の影響とは言い切れないため、病院に行っても検査費用などは保険会社から支払われるかどうかわからないと言われてしまいました。

経済的にあまり余裕を持っている方ではないので、検査費用などは支払うのが難しい状況なのですが、このように十分な治療や検査が受けられないというのは当たり前のことなのでしょうか?
最初の段階でむち打ちが確認されていたので、今後の通院についても、むち打ちについて以外の治療は受けられないものですか?
また、あと数ヶ月前後で症状固定になると言われましたが、こうした内容についても、その段階で痛みなどが残っていた場合にはやはり保険会社のスタッフさんに言われるがまま症状固定として、その後は保険会社からの保証を受けることはできなくなってしまうのでしょうか?

目や首周りなどを頻繁に使う仕事をしているので、今現在仕事にも支障が出ているし、通院のために何日も仕事を休んでいるためしっかりとした保証が受けられないと困ります。
交通事故の被害者は泣き寝入りをすることが多いと言われていますが、実際に私の場合にも泣き寝入りをして諦めるしかないのでしょうか?

A、必要な検査や治療は医師の判断になります。

上記のようなケースは決して少なくありません。
保険会社としてはできるだけ少ない金額で最終的な保証問題などについても示談を成立させたいと思っているものですから、被害者が痛みを訴えても病院では認められないというようなケースもあります。
しかし実際には医療機関で細かな検査などを行うことや治療を受けることによって必要だと判断された場合には、そういった部分も全て保険会社が保証をしなければなりません。

今現在むち打ちではなく、腰周りにも痛みが出ているということですから、次回病院などに出かける際に担当の医師に話をしてみると良いでしょう。
その上で医師が必要だと判断すれば検査が行われることになり、ここでの検査費用は保険会社に請求されることになっています。
症状固定に関しても保険会社ではなくドクターが判断することですから、その時点で、強い痛みが残っていたりすれば症状固定とはならず、その後も治療期間は引き伸ばすことができます。

保険会社スタッフの言っていることを鵜呑みにするのではなく、どんどん医療機関側と相談するようにしましょう。
交通事故による怪我で必要な治療を始めとして、検査についてもしっかり必要性があれば病院から保証保険会社に請求してくれますので被害者ご自身に請求が行われることはありません。
また、その結果、治療が長引き仕事を休む日数が増えてしまったというケースでは、ここでの休業保証についても保険会社に対して請求することが可能となっています。
最初にも書いたとおり保険会社は出来る限り少ない金額で話をまとめようとする傾向にありますから、こうした保険会社の思惑に惑わされないようにしましょう。”